人生はいろいろ。そして、人生はエロエロ。
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      男は泥まみれ。
      JUGEMテーマ:日記・一般



      古い男の話。


      新年スタートの昨日、予想はしていたが、やっぱり飲んでしまった。カレンダーの都合で仕事始めが金曜日ということもあり、新年初日からパーッといってしまった。酒飲みというのは本当にいやしくて困る(自分のことだが。)


      さて、今日は土曜日。年のせいか、前日どんなに飲んでも、朝の7時くらには一旦目が覚める。若い頃はそれから二度寝したものだが、人生も残りわずかになってくると、時間がもったなくて、そのままずっと起きている。


      夕方、体調も回復し、久しぶりに高円寺ガード下の焼き鳥屋で一杯やった。もちろん、連れはいなくて、カウンターで一人夕刊フジを見ながら好きなせせりなどを頬張った。お店は満席状態で、かろうじて一席空いていたカウンターに座ることができた。まずは生ビールを注文。一気に飲み干して勢いをつけ、少し気分がよくなってふと横を向くと、20代後半と見える若いカップルが海外旅行の話で盛り上がっていた。


      聞き耳を立てるというのは行儀がいいことではないが、男性の声が大きくてどうしても聞こえてしまう。夕刊フジの記事を読みながら、悪いなと思いながら横のカップルの話を全部聞いてしまった。


      カップルは大学の同級生で、学生時代に仲間と海外旅行をよくしたらしい。行った国はキューバとかトルコとか、正直あまりメジャーではない国の名前が挙がっていた。今の若者はなかなか行動的だなあと思いながら聞いていたが、二人の会話はもっぱら細身の男性がリードしていた。この男性、明らかに関西出身とわかる言葉遣いで、自分のほうが旅慣れていることを何度も彼女に自慢していた。


      一時間くらいたって、二人は会計をした。店員さんが伝票を持ってきて「5200円になります。」と言うと、僕はてっきり男性が全部支払うものと思っていたが「僕、3000円払うから、あとよろしくね。」とその男性が女性に言ったのである。ありえない、僕はそう思ったがその女性は殊勝にも「今日、どうもありがとうね。」と答えたのである。


      時代なのかもしれないけど、飲み代というのは男性が支払うものだと僕は思っていた。借金してでも、男性が支払うものだと思っていた。でも、この頃はどうやら違うらしい。会社に入った頃、新橋なんかで先輩と一緒に飲むと、全部先輩が支払いをしてくれた。そういうものだと躾けられたから、自分に部下ができたとき、支払いは全部自分がすることにした。男女の飲み会なら男が支払う、先輩後輩の飲み会なら先輩が支払う、そうものだとずっと僕は思ってきた。


      作家の開高健さんはエッセイで、男というものは女性に尽くすもの、女性を飾るために男は泥まみれになるもの、そう言っていたが、今の時代はそうではないらしい。時代が違うのかもしれないが、ちょっと寂しい感じもする。僕はしょせん古い男なのかもしれない。


      写真は、毎度恐縮ですが定点観測地点、新宿です。

      | red | 高円寺 | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        僕の意識は、どうなってしまうのだろうか?
        JUGEMテーマ:日記・一般



        あの世の話。


        今日、体調不良で会社を休んだ。体調不良といっても、飲み過ぎではない(多少、影響はあるかもしれない。)。仕事を終えた昨夜8時過ぎ、高円寺の行きつけの焼き鳥屋で一杯やった。飲んだのはビールジョッキ1杯と酎ハイ2杯。僕にとってはほとんど飲んでいないに等しい酒量だ。


        午後9時過ぎに家に戻り、テレビを観ながら洗濯機を回した。それから40分くらい経って、ピー、ピーと洗濯完了を知らせる音が鳴ったので、洗濯物を取りに洗面コーナーに行ったら突然意識を失って、その場で倒れてしまった。


        再び目が開いたとき、後頭部が痛いことに気づいた。どらやら、倒れた際に頭を床にぶつけたらしい。後頭部を手で触ってみると、明らかに腫れている。どう対処すべきか専門知識がなかったが、とりあえず、冷蔵庫にあった大き目の保冷剤を後頭部に当ててみた。


        さて、みなさんは、あの世の存在を信じているだろうか。僕は、即物的で単純な人間なので、あの世の存在は信じていないが、人間が死ねと生きているときに持っている「意識」がどうなってしまうのかということについては、ずっと考えてきた。いくら考えても結論は出ないから仕方ないのだけれど、今回、意識を失っていた状態が、ひょっとしたら人間が死んだときの状態なのかなあと思ってもみた。


        僕は昭和35年生まれであるが、それ以前、例えば昭和30年に僕は、一体どこにいたのだろうか。もちろん、どこにもいなかった、それが普通の回答なんだろうと思うけど、人間の生まれ変わり(輪廻転生)を信じる人は、昭和35年以前のどこかの時代に、別の人間として僕は生きていたのだと主張するかもしれない。でもそう言われても「そういうものですか。」と相槌を打つのがせいぜいで、真偽のほどは誰にもわからない。


        要するに、前世とか、死とか、来世とか、そういう死にまつわることは今生きている人間は誰も経験したことがないから、信仰とか宗教とかいったものを媒介にしてイメージを作ることしかできないのである。仏教の始祖であるお釈迦様は、あの世というのは存在しないと考えていたとされる。でも、多くの日本人は、肉体と魂とは別々のもので、魂は死後、あの世で生き続けると信じているが、それはそれで日本人の死生観として構わないのだ。


        今日午前中、近くの病院に行って頭の具合を診てもらったが、骨に異常がないことはレントゲン検査で判った。しかしながら、頭を打った場合は、1週間以内に頭痛などの症状が出ることがあるので、そうなったらもう一度来院するようにと、先生から言われた。また、2日くらいはお酒を飲まないようとも言われたのだが、これには困った。実は明日、新宿で飲み会があるのだ。久しぶりに会う友人も来る。でも仕方ないので、明日はウーロン茶とジュースだけで我慢することにする。残念。


        今日は、取り留めのない文章になってしまった。写真は、先日行われた高円寺阿波踊りのときのもの。今年はいい席が取れなくて、写真もイマイチでした。

        | red | 高円寺 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          高円寺純情商店街に、浴衣姿の美女を見た。
          JUGEMテーマ:日記・一般






          東京高円寺阿波おどりが、昨日と今日の二日間行われた。今年で55回目を迎える高円寺の阿波おどりは、観客数だけ見れば、本場徳島の阿波おどりをすでに上回っている。例年、午後6時スタートなのだが、今年は節電モードということで、午後3時のスタートとなった。その趣旨は理解できるが、お祭りというのはやはり、夜やったほうがムードが出る。


          高円寺に引越しして今年で4年が過ぎた。高円寺という地名を初めて僕が知ったのは、詩人のねじめ正一さんが書いて直木賞を受賞した『高円寺純情商店街』を読んだときだった。高円寺純情商店街にある乾物屋を舞台に繰り広げられる物語は、厚い人情がまだあった古き良き時代の昭和を感じさせ、高円寺という場所にずっと憧れがあった。


          ところで、踊りであるが、激しい男踊りよりも、網笠を深く被り、浴衣で踊る静かで艶やかな女踊りのほうが僕は好きだ。阿波おどりを毎年撮っているが、撮るのは女性ばかりで、男性はほとんど撮らない。上の写真は昨日撮ったものであるが、一枚目の正面写真もいいが、どちらかというと僕は、二枚目の後ろから撮った写真のほうが、そそるものがあって僕は好きだ。


          さて、今夜は新宿ゴールデン街の納涼祭に行ってきた。たくさん飲みたかったのだが、今週はベトナム、北海道と出張が続いたので、さすがの僕も少し疲れていて、あまり飲めなかった。今日は早く寝て、明日からまた一生懸命飲むことにしよう。

          | red | 高円寺 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          CALENDAR
          SMTWTFS
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          30      
          << September 2018 >>
          PR
          SELECTED ENTRIES
          CATEGORIES
          ARCHIVES
          RECENT COMMENTS
          MOBILE
          qrcode
          PROFILE
          このページの先頭へ