人生はいろいろ。そして、人生はエロエロ。
<< 沖縄、秋に泣き冬に耐える。 | main | ♪ シャバダバシャバダバ >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      予知、予想、予測。
      JUGEMテーマ:日記・一般



      予知の話。


      僕は年に数度、競馬をやる。一時期、毎週のように馬券を買っていたが一向に当たらないので、ギャンブルは自分には向いていないと悟り、今は、有馬記念とか天皇賞などの大きなレースのときだけ1万円以内で馬券を購入している。それでも、的中するのは年に一度あるかないかの世界だ。


      競馬は予想ゲームだ。多くの競馬専門家は膨大なデータを解析して勝ち馬を割り出すわけだが、毎回的中させることのできる専門家は皆無だ。専門家というのは、レース前の解説も、そして、外してしまったレース後の解説も、どちらも雄弁に語るものだ。でも、予想が外れたからといって専門家を攻めたり、ましてや脅したりする競馬ファンはいない(なかには、いるかもしれないけど。)。


      さて、イタリアの裁判所で先日、3年前に同国で発生した大地震の際に、地震予知に失敗したとして、科学者ら7名に禁固6年の実刑判決が言い渡された。裁判で検察側は、地震発生前に小さな揺れが続いていて、これは典型的な地震活動の兆候であるにもかかわらず、科学者らは適切な予知をできなかったと指摘した。


      弁護士側はこれに対し、地震は予測できるものでもなく、仮に予測できたとしても、地震を食い止めることはできなかったと反論した。この判決に関して世界の科学者たちは、「科学者が萎縮する」「地震学に携わる人材が少なくなる」などとして批判しているという。


      昨年の東日本大震災でわかったことは、地震予知はできないということだと思う。でも、だからといって、予知の研究はしなくてもかまわない、ということにはならない。自然科学というのは、過去の経験とかデータにもとづいて一定の法則性を見つけていく作業のことだから、その努力は続けなければならない。


      そもそも、自然の力の前では人間の叡智なんて全く力が及ばないのかもしれない。人間の解明できることはせいぜい人間のこと、そう結論付けたいところだが、昨今報道されている例えば尼崎の事件なんかみていると、同じ人間のことさえ理解できなくなってしまった、そんな時代になった気がして仕方ない。


      写真右は、ミス・インターナショナルで優勝した吉松さん。見た目だけだと、個人的には左側です。

      | red | 雑感 | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 09:04 | - | - | - | - |









        http://iroero.jugem.jp/trackback/146
        CALENDAR
        SMTWTFS
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        MOBILE
        qrcode
        PROFILE
        このページの先頭へ