人生はいろいろ。そして、人生はエロエロ。
<< 頼り過ぎは、よくない。 | main | 歴史の遺伝子がある町。 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      この世は辛い。

      JUGEMテーマ:日記・一般


      この世の話。



      グアムで日本人が3人殺害されたが、本当に気の毒だと思う。僕はグアムに行ったことがないので知らなかったが、グアムに来る外国人観光客のほとんどが日本人なのだそうだ。飛行機に乗って3時間程度で行ける気軽さと、治安の良さがグアムの魅力らしい。



      世の中には本当に辛いことが多い。その最たるものが東日本大震災かもしれないが、今この瞬間、直下型大地震が関東で発生して、僕が一瞬にして命を落とすことだってあり得るのだ。人間がいつ死ぬかなんて誰にもわからないのだ。



      私事で恐縮だが、僕の父は僕が30歳のときに急死した。高血圧を患ってはいたが、入院はせず普通に生活していた。父が急死したことは、会社の総務部の方から聞いた。翌日、僕は東京を発ち、釧路の自宅に到着するまでの間いろいろなことを想像し、考えたが、不思議と涙は出てこなかった。



      自宅で父の遺体と対面したとき、目頭が一瞬熱くなったことはあったが、号泣することはなかった。それよりも「人間はいつか死ぬ」という当たり前のことを僕は何度も何度も胸のなかで確認していたように思う。



      僕はどちらかというと涙もろいほうだと思う。テレビや映画の人情モノを観てボロボロ泣くことも多い。でも、人の死については不思議と冷静な気がする。この世は辛いことばかりだと説く宗教があるが、まったくそのとおりだと思う。



      生老病死という言葉があるが、この言葉どおりに死ぬことができる人間はまだ幸せなほうで、この世に生を受けてまもなく死んだり、また、老いる前に若くして人間は死んだりするのであるから、この世は本当に辛いことばかりなのである。



      人間はいつか死ぬのだから、その前に「死に方」を考えようと言う人がいるが、こういうのは僕はよくわからない。いまのところ深刻な病気がなく生活しているからかもしれないが、僕は基本的に面倒くさがりやで、なるようになるさタイプなので、どう死ぬかなんて考えたくないし、考えても仕方ないような気がする。



      今日はなんか変な話になったが、ご容赦願いたい。写真は、倉科カナさん。日曜日のドラマ「dinner」でイタリア料理店の支配人を演じている。彼女のこと知らなかったけど、ドラマを観てファンになりました。


      | red | 雑感 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 21:02 | - | - | - | - |









        http://iroero.jugem.jp/trackback/167
        CALENDAR
        SMTWTFS
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        MOBILE
        qrcode
        PROFILE
        このページの先頭へ