人生はいろいろ。そして、人生はエロエロ。
<< 三角関係の「3」には、魔術があります。 | main | 射精の話は、そっとしておく。 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      岸辺のアルバム、家族の絆。
      JUGEMテーマ:日記・一般




      アルバムの話。


      東日本大震災が発生してから半年が過ぎたが、行方不明者はいまだに4千人以上いるという。瓦礫のなかから津波で汚れてしまったアルバムを見つけ出し、行方がわからない肉親の無事を祈り続ける被災者の姿を見ると、胸が痛む。


      家族の絆を確認できる唯一のものが、アルバムなのかもしれない。今から37年前の9月、台風によって堤防が決壊し、東京都狛江市の民家19戸が多摩川の濁流に呑み込まれてしまった。脚本家・山田太一はこの水害をもとに、「岸辺のアルバム」を書いた。この作品は昭和52年にTBSでドラマ化され、テレビドラマ史に残る名作となった。


      この作品は、一見幸福そうに見える中流家庭の崩壊を描いた。夫婦と子ども二人の4人家族。ただ、妻は不倫し、娘は家族に心を閉ざすなど、それぞれが問題を抱えている。そんな家族に突然水害が襲う。避難勧告が出るなか、母親はアルバムを探す。家庭内にいろいろな問題があっても、家族の絆をかろうじて確認できるものは、やはりアルバム以外にはなかったのだ。


      父親役は杉浦直樹、妻役は八千草薫が演じた。また、大学生の娘役は中田喜子が、そして高校生の息子役は当時新人だった国広富之が演じた。なかでも、それまで清純派のイメージしかなかった八千草薫が、先日亡くなられた竹脇無我と不倫するという設定は、なかなか斬新なものだった。


      ご存知のとおり、「岸辺のアルバム」で厳しい父親役を演じた杉浦直樹さんが一昨日、亡くなられた。一九分けの髪型があんなに似合う男優はそういないような気がする。ご冥福をお祈りいたします。

      | red | テレビ | 17:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 17:03 | - | - | - | - |









        http://iroero.jugem.jp/trackback/49
        CALENDAR
        SMTWTFS
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        MOBILE
        qrcode
        PROFILE
        このページの先頭へ