人生はいろいろ。そして、人生はエロエロ。
<< 射精の話は、そっとしておく。 | main | 男女関係も自然も、想定外だらけ。 >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      旧郎旧婦様には、「ご終儀」を。
      JUGEMテーマ:日記・一般



      離婚の話。


      僕のブログのタイトルは「人生いろいろ、人生エロエロ。」であるが、寺井広樹さんが書かれた『離婚式にようこそ』を読んで、男と女の間には本当にいろいろなことが起きるものだと、改めて感じた。


      寺井さんは若干31歳であるが、小さい頃から「結婚式があるのに、どうして離婚式がないのだろう」と疑問を持っていたというから、並みの人間ではない。彼の現在の肩書きは「離婚プランナー」。3年前から離婚式を執り行ってきて、これまでに90組以上が「めでたく」離婚式を挙げたのだそうだ。


      離婚する二人は新郎新婦ではなく「旧郎旧婦」と呼ばれる。式には主に彼らの友人たちが集まるが、旧郎旧婦の両親が出席することもあるというから、そこだけ見ると結婚式と何ら変わらない。しかしながら、結婚式と決定的に違うところは、結婚式では結婚指輪を交換するが、離婚式では「結婚指輪のハンマー割り」をするのだ。結婚の象徴である指輪をハンマーで思い切り叩き割り、スッキリした気分で離婚し、そして、お互いの新しい人生の出発を祝おうというわけだ。


      離婚式ではオプションで、結婚から離婚までの「スライドショー」も上映可能というから、気が利いていると言えば気が利いている(一体、どういう気分で旧郎旧婦は観るのかね。)。面白いのは、結婚式の「ご祝儀」に相当するものが、離婚式では「ご終儀」と呼ばれ(離婚だから、結婚が「終わり」というわけだ。)、友人などで持ってくる人がいるのだそうだ。


      これまで実際に離婚式をやったのは90組だが、問い合わせは6千件以上あるという。離婚式はこれから一気に増えていく可能性は十分あるような気がする。それにしても、あまり深刻な雰囲気にならずに離婚式が出来るというのだから、日本人というのは実にユーモアのセンスがある国民だと皆さん思いませんか?


      写真は、新宿駅西口の今夜の様子。午後6時半頃だったけど、辺りはすっかり暗い。秋も深まってきて、熱燗が美味しい時期になってきた(昨日は、熱燗ではないけど、日本酒を常温でガバガバ飲んでしまった。ということで、今日は休肝日にしました。)。

      | red | | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 21:22 | - | - | - | - |









        http://iroero.jugem.jp/trackback/51
        CALENDAR
        SMTWTFS
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        MOBILE
        qrcode
        PROFILE
        このページの先頭へ