人生はいろいろ。そして、人生はエロエロ。
<< 男性陰部、取り扱い注意でお願いします。 | main | 「あの世」に行かれた方はいらっしゃいますか? >>
0
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    0
      青空、青葉の見えるトイレ、日本文化です。
      JUGEMテーマ:日記・一般



      日本家屋の話。


      といっても、難しい建築に関する話ではない。少し前まで僕は毎日のように飲んでいたから、テレビドラマを継続して観ることがほとんどできなかった。ところが高血圧で病院通いを始めた先月以来、酒を飲む機会を意識的に減らしてきたので、夜9時とか10時から始まるドラマも観られるようになったのだ。


      木曜日の夜10時から、フジテレビで「最後から二番目の恋」というドラマが現在放映されている。主演は中井貴一と小泉今日子で、鎌倉を舞台に鎌倉市役所勤務のバツイチ独身男性(中井)と、テレビ局のプロデューサーとして活躍する独身女性(小泉)の恋愛模様を描くドラマだ。


      僕はこのドラマが気に入っている。でもその理由は、ドラマの内容が凄く面白いとか、キョンキョンが好きだからということでは残念ながらない。中井貴一演じる長倉和平が住む長倉家の家と、長倉家の隣に住むキョンキョン演じる吉野千明の家が、古都鎌倉に相応しい古民家の佇まいを再現していて、そこを僕は気に入っているのだ。


      トレンディードラマ(もう死語になったかもしれないが)というと、都心のお洒落なマンションに主人公は住んでいるというのが定番だったような気がするが、「最後から二番目の恋」では木造の日本家屋が舞台になっていて、古都鎌倉、古い日本家屋という設定が、ドラマ全体に温かさを醸し出していて、また、いろいろな事情を受け入れてくれる懐の広さまで感じさせてくれる。


      ところで、作家の谷崎潤一郎は「陰翳礼讃」というエッセイで、日本家屋、日本文化の特徴について書いている。このエッセイは昭和8年に書かれたもので、自身で家を建てた際の経験も踏まえながら、家屋全体を明るくしようとする西洋に対して、日本はむしろ、陰翳(かげの部分)を生かした家造りをしてきたのであって、家屋を含め日本文化というのは「陰翳のなかに美を発見し、やがては美の目的に添うように陰翳を利用するに至った」と主張したのである。


      例えばトイレ(厠)について谷崎はこう書いている。「昔風の、うすぐらい、そうしてしかも掃除の行き届いた厠へ案内される毎に、つくづく日本建築の有難みを感じる。」「閑寂な壁と、清楚な木目に囲まれて、眼に青空や青葉の色を見ることの出来る日本の厠ほど、恰好な場所はあるまい。」。僕の釧路の実家も、青葉こそ見ることはできなかったが、こんな感じのトイレだったような気がする。


      西洋文化を排除して生活できる時代ではもちろんないが、昔ながらの日本家屋を見て安心感を覚えるのには、それなりの深い理由があるような気がして仕方ない。


      写真は、ドラマで上司の長倉和平に恋心を寄せる大橋知美役の佐津川愛美ちゃん。ちょっと小悪魔的な役なのだけれど、かわいいね。

      | red | テレビ | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        スポンサーサイト
        | スポンサードリンク | - | 20:25 | - | - | - | - |









        http://iroero.jugem.jp/trackback/93
        CALENDAR
        SMTWTFS
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        SELECTED ENTRIES
        CATEGORIES
        ARCHIVES
        RECENT COMMENTS
        MOBILE
        qrcode
        PROFILE
        このページの先頭へ